所有した賃貸物件で賃貸経営するための各種手続きと流れ

物件の種類によっての経営

アパート経営とは?

所有した賃貸物件がアパート向きの物件だった場合、当然アパート経営をしていく訳ですが、アパート経営とはどんなものなのでしょうか?

アパート経営は基本的にアパートの建物全体を取り扱っています。
つまり、一棟全部を取り扱う経営なのです。

したがって、必然的に経営のリスクは高くなってしまいます。
例えば、家賃や立地、設備などの条件が充実していないと入居者がなかなか集まらず部屋が埋まらなかったりするケースがありますので、充分に投資できるような環境が整ってから経営を始めるほうが賢明と言えるかもしれません。

メリットとしては、長期安定収入を得ることができ、あまり景気の影響を気にしないでも良い点です。
また、土地にかかってくる固定資産税や相続税を節約することもできます。

マンション経営はアパート経営とは違う?

アパート経営が丸ごと一棟所有するのに対し、マンション経営は基本的には小規模な物件を一部屋から所有し貸し出します。

投資額は地域によっても変わってきますが、ほとんどの場合マンションよりも土地も一緒に購入しなければならないアパートのほうが高額です。
資産価値においても例え建物が古くなってもアパートは土地が残るので0になることはありませんが、マンションは個々の土地の持ち分が小さいため、資産価値はとても小さい物になってしまうことがあります。

木造が多いアパートに対して、鉄骨造りの多いマンションのほうが耐久性には優れていて、修繕コストなどもマンションのほうがアパートほどかからないことがほとんどです。
その為、アパートのほうが火災保険料も高く設定されています。